「学舎 なまくら」始動です 〜土蔵が集う場所に生まれかわりました〜

去年からいろいろと相談をうけておりました

Bio Garden With-ビオガーデンウィズ-さんの

「学舎 なまくら」が始動しました。

http://biogardenwith.com/blog/2016/05/21/2264

 

学舎イメージ図

 

 

 

Bio Garden Withさんは

生き物と自然と人間との共生を軸に

 

【集】:自然と人間がともに集える場所づくり

ービオトープ・造園ー

【育】:自然を大切に思える人づくり

ー主に子供たちへの環境教育ー

【農】:日本の自然を支える一次産業(農業等)の健全化

ー生き物を守る農業の実践ー

 

3つの仕事を展開されています。

 

 

「今私たちの身の回りで

たくさんの自然が失われようとしています。
森はなくなり、川には魚も泳いでいない。

そんなところばかりではないでしょうか?

人間は自然なしでは生きていくことはできません。

私たちも今数を減らしているトンボやカエルなどと同じ

自然の生態系の一部であり、

これからこの状態が続けば人間も危機です。

次の世代にこの美しい地球を残し、

未来の子供たちを守っていくことが

私たちの使命ではないでしょうか。」

 

Bio Garden Withホームページより

http://www.biogardenwith.com

 

 

 

代表の宮田賢輔さんは

彼いわく生まれたときから生き物大好き人間で

全開で身近な生き物たちと親しんできた方です。

 

そんな彼だからこその培われた経験と視点が

Bio Garden Withの活動の根幹になっています。

 

 

宮田さんの生き物の話は本当に面白くて

どれだけでも聞いていたくなる魔力(笑)があり、

 

気がつくと

ミナミヌマエビが家にやってきたり

手のひらにアズマヒキガエルなんかが

乗せられていたりします。

 

私も宮田さんとBio Garden Withの

一ファンであります^^

 

 

 

そんなBio Garden Withの活動の拠点となるのが

「学舎 なまくら」です。

 

明治時代に建てられた土蔵の床板を

厚さ40ミリの杉床板を貼りなおし

照明を設えなおす計画でしたが

 

出来栄えはこのとおりです。 

なにより元々力強さのある蔵だったので

その魅力が存分に引き出されました。

大工の鈴木さんが奮闘してくださいました。

 

さらに

宮田さんお手製の黒板や

宮田さんご夫婦が一緒につくられた

大きさも圧巻のランプシェード

(樟蚕(くすさん)という蛾の繭を模したそうです)

がこの学舎の象徴となり

 

もともと蔵におさめられていた

水屋や器、生活道具数々が

再び日の目を浴びることになりました。

 

 

 

これからここで

どんな出会いが生まれるのでしょうか。

とても楽しみです^^